プロフィール

高城 敏子(たかぎ としこ) 

 

わらべうた遊び 実践者・講師 

わらべうたの研究、実践歴 約50年 

 

たかぎとしこ<詩音・わらべうた広場> 代表

 

 

幅広い年齢層の様々な現場で実践指導(保育園や幼稚園の乳幼児と保育士、音楽関係者研修、未就園児の親子、学童・大学生、子育て支援の大人、図書館員や絵本読み聞かせグループ、公民館の高齢者講座 等々)

「第53回日本保育学会シンポジュウム」(2000年広島大学)において「親子わらべうた」の公開実践による参加。

「日本音楽教育学会第40回大会」(2009年広島大)の共同企画に、主宰していた <詩音塾>の小9名とワークショップ(わらべうたで遊ぶ・ども たちとともに)に参加。

* 愛知県立大学文学部卒業。卒業直後から日本のわらべうたとコダーイシステムを学びはじめる。

ハンガリー(セゲド)の国際合唱指揮セミナーに3回参加し、ロズゴニ・エーヴァ女史、オルダシ・ペーテル氏に合唱と指揮法を師事。2016年6月愛知県に帰郷。現在名古屋市在住。

 

 著書 :

 『わらべうたでいきいき保育』  (2009)

 『わらべうたですくすく子育て』(2012) 

 CD:

 『いろはにこんぺいとう』(2011)

 『ころころこーろころ』  (2011)  (すべて明治図書出版)